ビルを綺麗な状態にしておくメリットとは?

弊社はビルメンテナンスを数多くの対応してきた実績を持っており、お客様の期待を裏切らない提案・清掃技術をモットーとして毎日の業務に取り組んでいます。

対応している業務内容としては「フロアクリーニング」「ガラス・外装クリーニング」「特殊清掃」「インテリア清掃」など幅広く、細かい部分まで含めて一つ一つ丁寧に取り組んでいるのが特徴です。

ビルメンテナンスは建物の内部と外観を綺麗に保つためにも重要といえますが、仮にビルが不衛生な状態だと来客などにも悪い印象を与えるかもしれません。

悪い印象を与えている状態だと商談などにも悪影響がある可能性も考えられる反面、ビルを綺麗な状態で保っていると商品などにもいい影響が期待できます。

具体的な清掃内容についてはお客様とコミュニケーションを取りながら決めていますが、ビルの建物の種類・用途・地域の気候条件・建築資材などを含めた提案をするのでお任せください。

ビルの定期清掃をすると常に綺麗な状態を保ちやすくなるため、特定の清掃員を採用してない場合などはご相談くだされば幸いです。

具体的な内容などについて知りたい方がいれば、どのような内容でも私たちまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ビルの床面はどんな汚れがある?

ビルの床面にはさまざまな種類の汚れが付着することがあります。
それらの汚れの種類に応じて、随時適切な洗浄が必要になってきます。

多いのは埃やゴミ。
日常的に建物内に入り込む埃やゴミが床面に付着します。
掃除機やクリーナー、ほうきなどを使ってお掃除していきます。

もし飲食店がビル内にある場合は、床に油や脂、食べ残し、水、ジュースなどが飛び散って付着していることもあります。
早く拭き取らないと、虫がたかってきたりといったこともあり得るので、定期清掃で常にきれいにします。

特に液体は床にシミができてしまうこともあるので、早めに清掃しましょう。

あとはペットの足跡や毛が落ちていることもあります。
ペットショップが入っていたり、あるいは近隣にドッグランなどがあると散歩の通路となっていることもあります。

ペットが建物内に入ったり、近くを歩いたりすることで、床に足跡や毛が残ることがあります。

これらの汚れは定期的な清掃やメンテナンスによって適切に管理する必要があります。

弊社では日々定期清掃にてフローリングの清掃も行っています。
ビルの管理者様はお気軽にお問い合わせください。
床面以外の清掃も対応していますので、幅広い清掃が可能です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ビルのメンテナンスで、特に重視すべきポイントとは?

ビルのメンテナンスにおいて特に重視すべきポイントは安全性の確保です。

建物内外の安全を確保するため、階段やエスカレーターの手すりや床面の段差、照明の状態などを定期的に点検し、修理やメンテナンスを行います。

他には建物の外壁、屋根、カーペット、サッシなどの状態を定期的に点検し、汚れや劣化、破損などあれば修復や交換することで、建物の美観や機能を維持します。

特に地震があった日や、台風の翌日などは、そういった箇所の破損や汚れなどが多いので、重点的に点検していきます。

そしてビルのメンテナンスは共用スペースやトイレ、廊下などの清掃を定期的に行うことで、衛生面が保たれます。
ビル内でお仕事をされている方はもちろんのこと。来訪者もとても多いので、そういった人たちに対しても清潔な状態を保っておく必要があります。

これらのポイントを意識し、定期的なメンテナンスを適切に行うことで、ビルの安全性、美観を維持し、入居者や利用者に安心と満足を提供することができます。

弊社ではビル全般のメンテナンスや清掃を行っています。
特殊施工まで対応していますので、柔軟に対応させていただきます。
都内を中心に対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ビルメンテナンスは、一般的にどんなところを中心に行うの?

ビルメンテナンスは一般的に外装、内装と問わず、様々なところが対象となります。

弊社もご依頼をいただければ、基本的にどんなところでもメンテナンス対応させていただいています。

その中で一般的にどんなご依頼が多いのか、一部ご紹介しましょう。

・外壁
・ガラス
・エントランス
・エレベーター
・エスカレーター
・通路
・床面
・カーペット
・シャッター

これらの点検、清掃、修理を行います。
例えば、サッシやドア周りなど潤滑な動きが必要なところには、油を刺したりなど必要に応じたケアやメンテナンスも行っています。

ビルのメンテナンスは景観を整えるだけでなく、その空間を安全な場所にすることも目的の1つとなっています。

例えば、フローリングが汚れていたり、滑っていると転んでしまう方がいらっしゃるかもしれません。

そういったリスクを低減するため、普段からきれいにし、もしワックスがけなどの滑るような床面になる場合は、営業時間外に行うなどの工夫も行っています。

ビルのメンテナンスを日々行っておくことで、そのビルに対する印象もだいぶ変わってきます。
常に衛生的な環境が保たれていれば、管理が行き届いている会社という印象をみんなが持つはずです。

ビルの衛生状態を常に管理したいとお考えの管理者様は、弊社にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

定期清掃として行う一般的な場所は?

建物や施設で定期清掃が行われる一般的な場所は、ロビーやエントランス、エレベーター、廊下などの共有スペースや、オフィス空間、トイレやロッカールーム、会議室やミーティングルーム、屋外エリアなどさまざまな場所があります。
 
ロビーやエントランス、エレベーター、廊下などの共有スペースの定期清掃では、床や壁、窓以外にも、設置されている家具や手すりなど、無意識に多くの人が触れるような場所の清掃を主に行っていきます。
 
オフィス空間も、床やデスク周り、共有スペース、キッチンがあればシンクやカウンター、冷蔵庫、電子レンジやコンロなどの清掃も定期的に行われます。
 
トイレの清掃では、トイレの便器や床、ミラー、洗面台などの清掃を行い、トイレットペーパーやハンドタオル、石鹸などの補充も併せて行います。
 
会議室やミーティングルームがある場合は、テーブルや椅子、ホワイトボード、プロジェクターなどの清掃も行い、いつ会議が行われてもいいような状態の清掃が行われます。
 
屋外エリアの清掃では、建物周辺の地面、駐車場、通路、エントランス、看板、ゴミ箱、花壇、庭なども清掃が行われます。
 
このように、定期清掃は、建物や施設の美観と清潔さを維持し、訪問者や利用者の快適な環境を提供するために行われるものとなっています。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く