ガラス清掃は特殊な作業?

ガラス清掃は特殊な作業とは言えませんが、正しい技術と適切な道具を使用することが重要です。
 
ガラスの清掃を行うことで、建物の外観や室内環境を向上させ、美観を保つのに役立つことからとても重要な清掃業務のひとつとなっています。
 
ガラス清掃を行う前には、手袋、安全靴、適切な服装、ガラスクリーニング用の洗剤、水、スクレイパー、クロス、バケツなど必要で、適切な装備を用意しましょう。
 
使用する洗剤は、ガラス表面の種類に合ったクリーニング剤を使うことが大切ですが、一般的には中性洗剤を水に混ぜたものを使用するのがおすすめ。水垢や汚れがひどい場合には、専用のガラスクリーナーを使用することもあります。
 
ガラス清掃を行う際にはまず、ガラスの表面に付着したほこりや汚れを軽くふき取り、表面を予洗いして大きなゴミや異物を除去します。
 
洗剤をつけたスポンジなどを使用してガラス表面を洗浄します。均一な圧力で拭き取り、くもりや水滴を残さないように注意します。頑固な汚れやシミがある場合は、スクレイパーを使用してガラス表面を慎重にこすることができます。ただし、スクレイパーを使用する場合は、ガラスを傷つけないように注意が必要です。
 
ガラスをクリーニングした後、きれいなクロスを使用して仕上げを行い、表面を光沢のある状態にします。
 
室内ガラスと外部ガラスでは、汚れやクリーニングの難易度が異なることがあり、外部ガラスの場合、安全対策や高所作業のスキルが必要となることがあります。
 
ガラス清掃は、基本的に専門的なスキルを必要としない場合が多いですが、高所での清掃や大規模なビルのガラスパネルの清掃など、特殊な状況では高い知識と技術を持った専門家に依頼するのがおすすめです。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

ビルメンテナンスで行う定期清掃は、どこまで清掃する?

ビルメンテナンスでの定期清掃は、建物の構造や用途に応じて異なりますが、一般的には、エクステリア清掃や屋根や窓ガラスの清掃、建物周辺の清掃などさまざまな場所の清掃があります。
 
エクステリア清掃は、建物の外壁、窓、外部の金属部品、サイン、看板、外部の装飾などを洗浄して汚れや汚染物を除去します。エクステリア清掃を行うことで、建物の外観を美しく保つだけでなく、建材や設備の劣化を防ぐ役割も果たします。
 
屋根の瓦やスレート、屋根の排水システム(雨樋や排水パイプ)の清掃を行い、雨漏りの予防や瓦の劣化を防ぐことや、ビルの窓ガラスを定期的に清掃することで、透明度を保ち、室内の自然光を取り込む役割を果たします。
 
建物周辺の地面、庭園、駐車場、歩道、アプローチなどを清掃し、雑草の除去や清掃もビルメンテナンスの定期清掃のひとつとして行います。
 
この他にも、掃除、床の磨き上げ、家具の手入れなどビルのエントランスやロビーは、訪問者や入居者に最初の印象を与える場所であるため、定期的な清掃が必要です。
 
建物内部では、フロア、壁、天井、エレベーター、階段、手すり、共用スペースなどを清掃し、清潔な状態を維持するのも定期清掃のひとつとなっています。
 
ビルメンテナンスの定期清掃は、建物の種類、用途、地域の気候条件、建材などによって異なります。ビルの所有者や管理者は、専門家と協力し、適切なメンテナンススケジュールを決めたうえで、建物を効果的に管理し、長寿命と快適性を確保するために定期清掃を実施することが大切です。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

ビルの定期清掃なら弊社にご相談ください

弊社は東京に拠点を置き、都内を中心としたビルや商業施設などの清掃業務を行っています。

ビルや商業施設の場合、特定の清掃員を採用していない限り、お掃除する方がいない状況になってしまいます。

その場合は清掃会社を選び、定期清掃を依頼されることが多くなっています。

定期清掃は主に使用頻度の多い設備や空間をお掃除していくことになります。
具体的には下記のような場所です。

・フローリング
・エントランス
・階段
・通路
・エレベーター
・エスカレーター
・各部屋

またご要望に合わせて空調設備や照明、ソファー、テーブル、椅子などの設備や家具類を細かくご指定いただくことも可能です。

例えば病院の場合ですと、テーブルやソファー、椅子も定期清掃としてご指定いただくことが多いです。
利用者様のことを考え、より衛生面が重視される場所の清掃を行っています。

そしてオフィスビルのように多くの来訪者がいる場合は、エントランスの定期清掃は欠かせません。

建物の顔ともいえる場所は印象を大きく左右する箇所ですから、定期清掃の対象となります。

まずはお問い合わせいただき、どの部分の定期清掃をご希望かお伝えください。
基本的に不可能な箇所はありません。建物の外壁や窓ガラスも対応しています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

内装だけでなく、外装のクリーニングも対応可能です!

弊社は東京都内を中心にビルのクリーニングを行っており、内装だけでなく、外装も行っています。
外壁や窓ガラス、その他、ベランダやバルコニー、屋上など、どういった部分の清掃も対応可能です。

外壁の清掃の場合はゴンドラの設置が可能であればゴンドラを使うこともありますし、あるいは作業員自らがハーネスを着用し、安全を確保しながら、外装のお掃除をする事も可能です。

事前に下見を行い、どういったお掃除方法か適切なのかご相談しながら対応させていただきます。

ビルの外壁掃除におすすめなのが、高圧洗浄機を使った方法です。
表面をあまり強くこすったりせず、水圧の力だけで綺麗にしていくことができます。そのほうが外装を傷めません。

ブラシ等を使って擦る方法もありますが、建物の築年数が長ければ長いほど、塗装剥がれが起こりやすいため、そういった方法はできるだけ避ける形が望ましいです。

しつこい汚れの場合は洗浄剤を塗布して磨く作業もあります。
その際もあまり強くこすったりせず、材質に合わせた磨き方、拭き方で対応していきます。

ビルの外装、内装問わず掃除を希望される方は弊社までご相談ください。
外壁、窓ガラスなどの洗浄を数多く行ってきた実績があります。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ビルのメンテナンスを定期的に行いませんか? 

ビルの定期清掃は行っていても、メンテナンス自体はあまり行っていないオーナー様もいらっしゃるのではないかと思います。

建物内の設備を定期的にメンテナンスしておくことで、ビルを正常に保つことができますし、またビルでお仕事されている従業員の方への安心感を与えることができます。

尚、消火設備など特定に設備は資格を持つ作業員しか点検することができませんが、それ以外の箇所であれば定期メンテナンスによって劣化や修繕の必要性をいち早く理解できます。

例えば、フローリングの亀裂。
そのままの状態を放置してしまうと、誰かが転んでしまうかもしれませんし、荷物を傷つけてしまうかもしれません。

早い段階で修復工事を行うことで安全性が保たれ、景観も蘇ります。

弊社は内装、外装問わず幅広いメンテナンスを行っており、状態によって修繕対応も可能です。

照明、空調設備などの不具合もチェックしています。

特に多くの従業員、クライアント様、お客様などが訪れるオフィスビルの場合は、定期メンテナンスが欠かせません。

メンテナンスを希望される方は弊社までお問い合せください。
どういった箇所のメンテナンスが必要で、どのぐらいの間隔で行うかもしっかり打ち合わせさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く